« August 2020 | Main

September 2020

September 29, 2020

もやし

 たまに、餃子の王将に行きます。

 家の近くにはないので、餃子の王将がある駅に用事があったときとかに昼飯どきに寄る感じです。

 本場の京都とかとは違って、東京ではそこらじゅうに王将があるわけでもないです。

 新型コロナ前は、店舗数が少ないのもあってか、結構待ち時間が長かったり、行列ができたりしていました。

 コロナ後の今は、昼時でも割とすぐ入れたりして、うれしい反面、なんとも世の中の理不尽を感じるときもあります。

 

 新型コロナ騒ぎがピークのころに、王将で昼飯食ったんですね。

 そのとき、カウンターで座っていたオッサンが、ものすごくか細い声で、「あの~・・・すいません。。」って店員に言ったんです。

 客が少なかったのもあって、話の内容は丸聞こえだったわけですが、そのオッサンの訴えは、

「・・・このレバニラ・・・焼けてないっていうか・・・生・・・」

という、カイジもびっくりの自問自答形式のクレームだったわけです(笑)。

店員の人も、すぐに交換します!といって奥に下がっていって、代わりに店長が出てきて平謝りでした。

 そりゃあそうですよね。

 生でレバー食ったら死ぬかもしれないですからね。

 そのオッサンは代わりに出てきたレバニラを完食し、帰りのレジでも店長の謝罪を受けて去っていきました。

 新型コロナ騒ぎ真っ最中で、色々と王将も混乱していたんでしょうね。

 

 すいません、全然話の本筋と関係ないのですが、急に思い出したので書いてしまいました。

 本題は、モヤシです。

 モヤシというか、モヤシ炒めですね。

 モヤシ炒めというメニューがあります。

 街の中華にも割とあるメニューですが、王将にもあります。

 王将だとレギュラーサイズで470円です。

 餃子が300円しないのに、モヤシがメインで470円ってかなり高いですよね。

 モヤシとニラが少し、きくらげが少しにほんの少しの豚肉。

 これで470円ですが、材料費は50円しないでしょう。

 原価で考えたら、最も客側が損な食べ物だと思います。

 しかし、私は王将に行ったら、必ずモヤシ炒めを頼みます。

 食事中に酒は飲まない主義なので、酒のつまみではなく、単純に食事として頼みます。

 

 なぜ、この原価を考えたら絶対に損と思えるモヤシ炒めを頼むかというと、調理する人の腕がダイレクトに出る料理だからです。

 逆に言うと、家ではどうやっても作れないからです。

 いやいや、家でも材料買ってきて炒めるだけでしょと思うかもしれませんが、家庭用のコンロでは同じものは作れません。

 IHでは論外ですし、ガスコンロでも、家庭用の火力じゃあ王将と同じレベルに仕上がりません。

 家庭用のコンロで作ると、調理時間が長くなるので水が出てしまってしなしなの残念炒めになるか、逆に短くしすぎて半生青臭炒めになるのが落ちです。

 今は調理器具も色々あるんで、工夫して作ったとしても、そもそも家で豪快に鍋振ったら怒られるでしょw。後片付けが面倒ですしね。

 あと片付けにかかる時給を考えたら王将に470円払った方がいいんじゃないの?ってことになるかも。

 

 なんにせよ、仮に王者のモヤシと、ロトのきくらげと、勇者の豚肉と、光のニラが店で売ってたとして、それら最高の素材を全部使っても家で作ったら王将のレベルにはならないと思います。

 

 料理って、こだわればいくらでもこだわれるものですし、値段も青天井です。

 でも、王将のモヤシ炒めは王将でしか食べられません。

 超高級中華料理店には、そもそもモヤシ炒めなんてメニューにないですしね。

 金出したから食えるってもんでもない。

 そういう意味で価値があると考えています。

 

 長々とモヤシ炒めの話をしましたが、一口の馬って、料理に似てるとも思えます。

 最高の素材を最高の腕達者が仕上げれば、最高の料理、つまり名馬が出来上がるはずです。

 まあ、実際にはそこまで簡単にはいかないから面白いわけですが、基本的には料理と同じで、最高の素材をミシュランだとか何だとかの店で食うと値段が高いです。

 これが今でいう、ノーザン系の高額馬ということになりますね。

 

 じゃあ逆に、王将のモヤシ炒めは何なんだということになりますが、私的に一番近いのはノルマンディー?ですかね。

 安いありふれた材料で美味しい料理というのは、リーズナブルな価格でG1馬を出したノルマンディーに共通している部分もあるかもしれません。

 

 もうすぐ募集が始まりますが、ノーザン系のクラブでは出てこない材料(血統)の馬から、美味しそうな(良さそうな)馬を選ぶのが楽しみです。

 

 

| | Comments (0)

September 09, 2020

なお書き

 今年のキャロットの1次募集が終了しました。

 暑い夏が終わった感があります。

 まあ、実際はまだ毎日暑いですが。。

 

 最終中間で82頭が抽選対象濃厚というか、ほぼ確実に抽選対象となるでしょう。

 つまり、最終中間発表時点で、余る可能性があるのは9頭以下となることがほぼ確実でした。

 なんせ、前年比37%で82頭に200口以上の申し込みがある状態ですからね。

 この時点で、何となく嫌な雰囲気はあります。

 

 今日、クラブのwebに締め切りましたという旨の情報更新がありました。

 そこに、なお書きがありました。

 あっさりと書いてありますが、要するに、1次募集で全馬満口ならば、1.5次や2次募集はないよという話です。

 話の内容は、そりゃあそうだろう。という内容です。

 じゃあ、何でそんなバカでもわかる話を書くのかですよね。

 

 一つは、1次募集で全馬満口になったらどうなるんですかという、質問の電話がかかってくるのを未然に防ぐためでしょう。

 それならば、何の問題もないです。

 しかし、ひょっとしてひょっとすると、もう一つの可能性として、「本当に1次募集で全馬満口」という可能性もあるのではないかということになります。

 

 「大人は説明しない」んですよね(笑)。

 だから、「最終的にどの馬に何票入ったのか」とか、中間発表でも、最優先のうち×なしが何票で×1が何票とか内訳は公開しないわけです。

 公開したところで、「では、その真偽はどうする?」って話ですからね(笑)。

 

 でも、今回、わざわざ、なお書きで「全馬満口」に言及していいるんですよね。

 なぜ説明するのかということです。

 その真偽は、来週末にわかることになります。

 

 自分の結果もそうですが、この点も楽しみに待ちたいと思います。

 

 

 

 

| | Comments (0)

« August 2020 | Main