« April 2021 | Main | July 2021 »

June 2021

June 26, 2021

(有料)2021年度 東サラ 募集時評価

 2021年度 東サラの募集馬評価を有料で作成しました。


 価格は昨年と同じです。ご興味のある方だけ下記リンクから特設サイトにお進みください。

 

※終了しました。

 

 

 

| | Comments (0)

June 24, 2021

2021年度 東サラ 募集馬第一印象メモ

 カタログPDFを見ての自分用のメモです。

 

1 レッドメデューサ20
見た目はいいですね。高いけど。


2 ロマンシングジェム20
体高が低めですが価格はリーズナブル。


3 プレザントケイプ20
飛躍的にふくらんでくるのかね。


4 ディエンティ20
見た目的にちょっと。


5 ドライヴンスノー20
母方が出てるんですかね。ちょっと詰まってます。


6 タイムレスメロディ20
この血統で安めなのはうれしいですけど。


7 サウンタ20
動き次第ですけど見た目は悪くなさそう。


8 レッドミラベル20
大きさ的には丁度よさそう。


9 シャマアウェイ20
高いのか安いのか感覚がおかしくなってきますけど、冷静に考えるとたかいですよね。


10 レッドクラウディア20
ドレフォンもまだ何とも言えないですが、この値段なら悪くないかも。


11 ヴィヴェンシャル20
動き次第ですね。


12 レッドマジュール20
バランスは良さそう。牡馬だからこの値段でもしかたないですかね。


13 レッドセシリア20
そんなに結果を出している母でもない割に高めかなと。見た目は良さそうですが。


14 ハッピーパウダー20
馬自体は悪くなさそうですが、色々な点で割高に感じます。


15 レッドジゼル20
「クラウン」でこの値段。予想外の高値。


16 ハイドバウンド20
貴重なノーザンFのレッドファルクス産駒だけに、おもしろそう。


17 レッドエルザ20
ペルーサ好きの人向けでしょう。


18 ジョリージョコンド20
人気厩舎でサイズもよし。


19 レッドアヴァンセ20
値段を決めるのはクラブ側なので文句は言えません。なんとなく予想はしていました。


20 エクセレントデザイン20
小さいのが。


21 シックスイス20
動き次第かなあ。


22 リュズキナ20
上が走っているのせよ、牝馬ということを考えるとちょっと高いですかね。


23 プラヤデシエルタ20
見栄えはしないですが、動き次第です。


24 レッドファンタジア20
この繁殖の仔は株価高騰中ですから、この値段もある意味当然かと。


25 レッドリヴェール20
値段的には非常にリーズナブルに感じます。動き次第で。


26 ブルーミングアレー20
お買い得感があります。


27 トリニティプレイス20
大型で見栄えはします。


28 ハロウィンデイズ20
見た目は普通。


29 ステレオグラム20
社台のドレフォン。値段の比較だと妙にお得感があります。


30 エクセラントカーヴ20
値段的にはリーズナブルで悪くなさそう。


31 パイレートクイーン20
確かにこっちのほうが高いだけあって見栄えはしますね。


32 アイスパステル20
まあセール購入馬ですし、値段は仕方ないですよね。動きがどうか。


33 ストーミーレニー20
見た目は良いので、あとは動きがどうか。


34 レッドオリヴィア20
普通ですかね。


35 アイリッシュシー20
セール購入馬だけに高いのは仕方ないですね。父には似ていない気が。


36 フィルバート20
近親交配がどうかというのと、近親に活躍馬がいない割にはちょっと割高なのかな。


37 オジャグワ20
牡馬でこの値段ならいいじゃないですか。


38 アンジュパッセ20
見た目的には悪くないですが、牝馬かあ。


39 ハルマッタン20
今更感ある血統ですが。


40 ヌーベルバーグ20
母父が出てるっぽいですが、それにしてもこのご時世を考えるとリーズナブルな価格です。


41 (外)インフレイムド20
筋肉質な牝馬。日本に合うのか。

 

 例のやつは週末には間に合わせたいと思っています。

 

 

| | Comments (0)

June 18, 2021

中間発表

 毎日平日には、社台・サンデー・G1の申込票数の中間発表が行われます。

 今日が3回目の中間発表。

 毎回、中間発表を見る際に、心の中で、ダウンタウンの浜ちゃんの感じで「中間発表~!」と叫んでファイルを開いています。

 

 サンデーRは、そんなに違和感はなく、へえ~という感じ。

 G1も、ノーザンFと有名厩舎が売れるという感じで、こちらも納得。

 謎なのは、社台RHですよね。

 突然来たノヴェリスト・ブーム。

 まあわからなくもない・・・とは言えないけど、まあ、なんだ、その、母系が魅力的な馬ですからね。

 レッドファルクスも社台の英雄ですから、待っていたという人もいるのはわかります。

 もっとも謎なのは、エイシンヒカリです。

 これが第1希望で埋まるの?っていう、驚きが大きいです。

 エイシンヒカリのファンが世の中にはこんなにいるのかと。

 思えば、ノルマンディーでもエイシンヒカリ産駒は売れたもんね。

 社台Fのエイシンヒカリ産駒なんて今後永久に手に入る可能性はないかもしれないわけだから、希少価値があります。

 来年もあると思えば、今年でなくてもいいかとなる。

 でも、今回しかないとなれば、いつ行くの、今でしょ!ってなる。

 ちょっと古かったですかね。

 ディープ・キンカメが消えて、本当に毎回の中間発表にワクワクします。

 次は月曜ですけど、どんな動きになるか楽しみにしたいと思います。

 

 

| | Comments (0)

June 13, 2021

(有料)2021年度 社台・サンデー・G1 募集時評価

 2021年度社台・サンデー・G1の募集馬評価を有料で作成しました。


 価格は昨年と同じです。ご興味のある方だけ下記リンクから特設サイトにお進みください。

 

※終了しました。

| | Comments (0)

言われてみれば…確かに…そうかも…

 募集馬のカタログや動画を見る前に特に起こりがちですが、字面の段階で、この馬はこうに違いないとか、自分の頭の中で固まってしまうことってありますよね。

 一つの仮定を置いたとして、それが仮定にもかかわらず、気が付いた時には、自分の中では仮定ではなく「真実」になってしまっているという。

 一旦そうなってしまうと、そういう「思い込み」を振り切るのってなかなか難しかったりもします。

 なんか自分がおかしなことを考えているなと思ったら、少し角度を変えてみるのもよいかもしれません。

 せっかくなんで社台RHのカタログも見るだけ見て見るかとか(笑)。

 

 小学生のとき、多分3年生か4年生のときだったと思うんですけど、友人4、5人で学校からの帰り道、とつぜん友人のヨッチャンが、ぽつりと一言、

「ウ○コって、どんな味がするのかなあ・・・」

ってつぶやいたんですね。

 まあ、小学校3年生とかの男子ですから、よくある話です。

 

 そうしたら、一緒にいた友人のシゲが、畳みかけるように言い放ったのです。

「バカヤロウ! ウ○コなんて食ったら、しょっぺえじゃねえか!」と。

 本当に、間髪入れずに突っ込みが入り、考える間もなく全員大笑い。

 ここまでは、ある意味予定調和というか、小学生男子のよくある日常でした。

 

 ところが、一瞬間をおいて、最初に質問をつぶやいたヨッチャンが、もう一言。

 「あれえ~? シゲ何でそんなこと知ってるんだ~・・・」

って言ったんです。

 どちらかというと寡黙で、あんまり人に話にツッコミを入れたりするタイプではないヨッチャンの予想外の突っ込みが入り、全員一瞬黙りました。

 多分、カイジだったら、

 『言われてみれば…確かに…そうかも…』

っていうシーンだと思います。

 

 少し間を置いた後、ヨッチャンが満面の笑みで、

「シゲ、さてはウ○コ食ったことあるんだな~!」

と突っ込んできたのです。

 もうそこからは、食ってない!いや、食ったことある!の小学生らしい応酬が(笑)。

 

 本当に、思い込みというか、あまりにくだらない質問だったので、シゲも思わず口ついて、つい余計な一言を言ってしまったのでしょうが、多分自分の中では、しょっぱいというイメージがあったんでしょうね。

 今日はいつにもましてどうしようもなく、くだらない話でした。

 自分が何かあらぬ思い込みをしているかもと感じたら、思い出してください。



| | Comments (0)

June 10, 2021

意見の集約

 クラブ馬って、40口から最大今は2,000口?でしたっけ、それくらいの口数のものまであります。

 一人一口と仮定したならば、40口でも40人、2,000口では2,000人の出資者がいることになります。

 それらの意見を集約するのは、やはり不可能に近いですよね。

 騎手も選べないし、ローテーションも決められない。

 それが出資者の立場ですが、仮にお前に騎手の起用は任せるから交渉してくれって頼まれても困ってしまいますよね。

 一生懸命交渉した挙句、「いつも調教をお手伝いしてくれている・・・」という騎手しかいなかったりしたら、他の出資者に攻撃されるかもしれません(笑)。

 ウイニングポストとかダービースタリオンで、「やばい」騎手しか余っていない画面を思い出します。

 結局はクラブの今までのシステム通り、クラブで全部決めてくれるのが楽だし、間違いない。

 でも、一口やり始めの頃は、なかなかこの辺の事情は飲み込めなくて、色々と不満だらけになってしまうのも仕方ないことだと思います。

 誰でも通る道ですし、「思っていたのと違う」っていうのは常に起こり得ますから。

 

 クラブによっては、アンケートなどをとって、「カイゼン」を行おうとしてくれるところもありますが、その辺もどうなのかなあと思います。

 変更があったとして、その変更が本当に意味のあるものなのかは人によって違うと思います。

 改善と言いながらの改悪もあるかもしれませんし。

 

 昔のゲームがリメイクされることが多くなりました。

 ドラクエなんて、いろんなハードでもスマホでもリメイクされています。

 表向きはお客様の意見を受け、より遊びやすく・・・とかなんとか言うわけですが、正直リメイクして良くなったというゲームに出会ったことがないです。

 一番腹立たしかったのは、ドラクエ5で、オリジナルのスーパーファミコン版から、仲間にできるキャラで「エリミネーター」っていうのがいます。

 見た目はドラクエ3のカンダタですが、仲間にすると名前がなぜか「エミリー」という。

 ドラクエ5では仲間のモンスターは色々な特技を覚えますが、このエリミネーターは、2つしか特技を覚えません。

 ルカニと「みなごろし」という変な特技です。

 「みなごろし」は、敵・仲間の区別なく攻撃してしまうが、「必ず会心の一撃になる」という変な特技です。

 敵・仲間の区別なく攻撃してしまうので、普段は役に立たないのですが、実は役に立つ場面がある。

 それは、馬車がある場所で、はぐれメタルが出てきたら、エミリー以外全員を馬車に引っ込め、その状態で「みなごろし」を発動。

 そうすると、はぐれメタルに確実に会心の一撃が炸裂するという、ある意味裏技的な使い方です。

 そういうわけで、私はエミリーを非常に気に入っていたわけですが、リメイクされた作品では、この「みなごろし」がメタル系に効かなくなっているんですよね。

 まあ、得意のゲームバランスが~っていう話なのかもしれないですけど、なんでもかんでも作る側が決めればいいってもんでもないだろうと。

 っていうか、「みなごろし」が、はぐれメタルに効かないんだったら、エミリーはマジで頭のおかしいただのキ○ガイじゃねーかと(笑)。

 なんか結局ドラクエの文句になりましたが、なんでもかんでも変えればいいってもんでもないけどなあ~というお話です。

 

 

 

 

| | Comments (0)

June 09, 2021

基本英文700選

 カタログを見て、さらに、DVDを見ると、色々と思うところがあります。

 ありがちなのが「思っていたの違う」ってやつですよね。

 血統だけ見て、きっとこういう馬だろうと思っていたら、カタログを見て、全然予想と違っていた。

 次に、カタログを見て、きっとこういう馬だろうと思っていたら、DVDを見て、全然予想と違っていたとか。

 まあ、これは自分の思い込みですから仕方ないですし、誰のせいでもない。

 それもまた、このときばかりの楽しみと割り切ればいいんじゃないなのかなと。

 

 カタログの前に、厩舎の発表があるわけですが、ここが一番のガッカリポイントだったりもしますよね。

 何でこの馬がこの厩舎なんだよ!と怒りに震える場合もあるかもしれません。

 自分がコレと思っていた馬がリーディング上位の有名厩舎だったら、ヨシと思う反面、ものすごい人気になるかもしれないと早速票勘定を始めてしまうかもしれません。

 ただ、厩舎って、本当に自分の出資馬を扱ってもらって、それで初めて特性というか特徴がわかることもあります。

 名前で勝手に色々と期待しすぎていたということも起こり得ます。

 

 その昔、大学受験で、「基本英文700選」という本を買った(買わされた)んですよ。

 なんでも、その筋では「名著」と呼ばれる本で、これをマスターすれば、どんな大学も(英語に関しては)怖くないとか。

 ただまあ、能の足りない学生にとっては、非常に面白みのない文章の羅列で、到底マスターする気にならず、本棚の飾りとしての役目がほとんどでした。

 今じゃ考えられないと思うんですけど、その頃は今の少子化と逆の子供の数が妙に多い時代だったので、予備校もとにかく盛況でした。

 夏期講習とか、駿台に朝から申し込みのために並ぶんですよ。

 そんで、人気講師の講座から順に、早い者勝ちで埋まっていってしまうのです。

 今みたいにインターネットで動画配信とかない時代ですし、とにかく何でも行列の時代でしたね。ドラクエでも何でも。

 その夏期講習で、「基本英文700選」の著者であるI先生の講座があったんです。

 あの有名な名著の著者の授業を受けられるんですから、これはもう、大変なことですよ。

 人気の講座でしたけど、友人がその口座を取れたんですよ。

 よかったね~。楽しみだねえ~。なんて言いながら、私も大して勉強するわけでもないのに、なんとなく興奮しつつ、皆それなりの夏期講習の講座を申し込んでその日は終わりました。

 月日は過ぎて、夏期講習も終わりに近づいたところ、その友人に、I先生の講座どうだった?って聞いたんですね。

 友人曰く、「すげえつまらなかった。」と。

 え~?だって、あの有名な著者の先生でしょ?

 ひょっとして、誰かの代講になったとか?

 納得が行かずに友人を問い詰めましたが、友人曰く、

 「本は凄いけど、授業はつまらなかった。」と。

 ちなみに、その友人は普通に東大に行ったので、その友人の能力がその授業を理解するレベルになかったということではありません。

 全受験生が泣いた!かどうかは知りませんが、それくらいの名著と言われる参考書を著す先生でも授業はおもしろくなかったという。

 やっぱり実際に経験してみないことにはわからないもんなんだなと、若いながらに痛感したわけです。

 

 結局名前だけにひかれて、期待値が上がり切ってしまって、そしてその後、出資馬が冷たい仕打ちを受けたと感じ、期待を裏切られる。

 そんなことを考えながら、色々と昔のことを思い出しました。

 

 

| | Comments (0)

June 08, 2021

カタログ到着

 社台・サンデー・G1のカタログが到着しました。

 3クラブ合わせて250頭くらいいるわけですから、凄いボリュームです。

 なんというか、毎年カタログが送られてくると、何かの「試験」が開始されたような気分になります。

 これから、250問に解答しなければいけない。

 答えが出るのは、数年後。

 点数は、全馬引退してみないとわからない。

 果てしなく長い道のりが、今カタログから始まるのか~と思うと、なんだか緊張します。

 

 DVD見て思うのは、DVDって画質悪いなあってことですね。

 なんか自分でも信じられないですが、HD画質だの4Kだのに慣れてしまうと、DVDレベルの解像度の粗さが、なんだか耐えられなくなってきます。

 ことしからDVD廃止のクラブもあるようですが、確かに、もうDVDの時代じゃあないのかなと思います。

 インターネットを通じて何でも手に入る時代なので、普通に高画質の動画配信でよいということですね。

 これからさらに、金曜日には最新動画も配信されますので、そちらも楽しみにしたいです。

 今もなおオリンピックがどうとかで世の中揉めてますから、ツアー中止は致し方なかったと思うしかないですし、とりあえず今年も最新動画が配信されることに感謝したいと思います。

 

 

 

| | Comments (0)

June 07, 2021

自分ルール

 さっき高橋名人のブログを見たら、名人はまだ1秒間12連射くらいはできるのだそう。

 単純にすごいなあと思ってしまいました。

 高橋名人と言えば16連射。

 ファミコン世代ならば知らぬものはいないスーパーヒーローですから。

 イチローだって谷川名人だって歳食えば衰えていくわけですから、もちろん高橋名人も衰えていくわけですが、それでも12連射を維持しているのは凄い。

 最近は忙しくてゲームなんてやる暇全くありませんが、シューティングゲームなんてモロに腕が落ちているんだろうなと思います。

 やっぱり反射神経って衰えが顕著になってきます。

 老人になってから時間ができたらまたゲームしようと思っていても、もうドラクエくらいしかできないかもしれないなと思いました。

 

 時間がないのでゲームなどできないのですが、時間があったらまたドラクエ3をやろうとか、いつも思ってしまいます。

 ストーリーも知ってるし、どこに何があるかもほぼ覚えています。

 アンケートを取るとだいたいドラクエ3とドラクエ5が1位、2位という感じになるようですが、私もこの2つはまだ町の名前もダンジョンのマップもほとんど頭の中に入っています。

 こういう記憶って忘れたくても忘れられないんですよね。

 ドラクエ5の「ちいさなメダル」のある場所とか、覚えていても何の役にも立たないのですが(笑)、頭の中から出て行かないです。

 次のドラクエ3やるなら、パーティーは、この職業とこの職業にして、ダーマの神殿で転職してとか、色々考えだしてしまいます。

 セオリー通りなら、勇者+戦士+僧侶+魔法使いっていう4人組になるんでしょうが、私は勇者+武闘家+僧侶+魔法使いという派閥(笑)です。

 戦士は金食い虫なので、あまり好きではないんですよね。

 でも戦士じゃないと、まじんのオノが使えなかったりして、後で悔しい思いをしたり。

 でも、パーティの4人は最初に決めないといけないので、後で「あっちにしとけばよかった~」ってのはダメなんですよね。

 何が言いたいのかというと、こういうところがドラクエと一口って似てるなって思ったんですよね。

 一口も募集時に「最初に」選ぶ段階で決断しないといけないですもんね。

 ドラクエの場合、魔法使いがいないと、後で絶対バイキルトがあればなあ~ってなりますよね。

 僧侶がいないと、勇者のホイミとベホイミを頼りにするしかなく、心細い。

 かといって、戦士や勇者がいないと、魔法がきかない敵が出てきたときにどうにもならなくなる。

 悩みは尽きません。

 デモ何回かクリアすると普通にやるのは飽きてくるので、だんだんと勝手に自分ルールを作ったりします。

 魔法使いなしでやるとか、逆に魔法使い3人でやるとか。

 どっちもやってみる厳しいです。

 さらに厳しく行くと、勇者のみっていうパターンもあります。

 ルイーダの酒場で誰も仲間にしない。

 ドラクエ3なのにドラクエ1になってしまうという。

 この場合、「やけつくいき」が恐怖になります。

 麻痺したら即死なので(笑)。

 でも、これがまたスリルなんですよね。

 一口でも、自分が功成り名を遂げたと思うならば、あえて自分ルールを課して楽しむという手はあるかもしれません。

 厩舎縛り、種牡馬縛り、募集価格縛り、色々考えられます。

 結局人気になる馬は決まっているので、実績等の関係からそういう人気どころを狙えないのであれば、敢えて最初からルールを課して、別の方向性を目指すのも、吹っ切れていて面白いかもしれません。

 今年だったら、そうですねえ・・・ビスケット縛りとか?

 私は、そこまでの勇気はないので絶対にやらないですけど、考えてみるのは楽しいです。

 

 

| | Comments (0)

June 06, 2021

ドレフォンかイスラボニータか、いや

 今年も新馬戦が始まりました。

 新馬戦で将来が決まるわけでもないのですが、今後のクラブ募集馬やセールでの人気には、この6月の結果が大きく影響してきます。

 早速新種牡馬の産駒が何頭も出走してきました。

 ノーザンFが自信を持っているという噂のドレフォン。

 社台F出身のクラシック勝ち馬イスラボニータ。

 シルバーステート、ロゴタイプなど。

 この後のクラブ募集を占う新種牡馬最初の勝利は、なんと。。

 アメリカンペイトリオット産駒でした(笑)。

 いや、別に笑うところではないのですが、直近の社台系のクラブ募集の参考にはならなかったなあと。

 ドレフォンもイスラボニータも、これからまだまだどんどん産駒がデビューしてきますしね。

 とりあえず今週わかったことは、やっぱりディープインパクトはすごかったという当たり前のことだけでしょうか。

 次週以降も楽しみにしたいです。

 

 

| | Comments (0)

June 05, 2021

2021年度 G1 募集馬第一印象メモ

 カタログPDFを見ての自分用のメモです。

 

1 メーデイアの20
馬体の大きさがどうかでしょうね。


2 イマーキュレイトキャットの20
ボトムラインにミエスクがいてこの値段のハーツクライと考えるとお買い時な気がしてしまいます。


3 イッツオンリーアクティングダッドの20
見た目はいいですね。厩舎もよいし、おもしろそう。


4 タイムトラベリングの20
タイムフライヤーの全妹ですが、育成が変わりますからね。そう簡単には。


5 サンクボヌールの20
母父ハービンジャーでどういう動きをするのか楽しみです。


6 サイマーの20
こりゃあ人気でしょうね。動き次第では1番人気もあるかも。


7 ハイリリーの20
この値段ならモーリスもアリだよなあと思います。あとは大きさがどうかですか、リーズナブルですよね。


8 メリオーラの20
見た目は良いです。あとは大きさですね。


9 バウンシーチューンの20
見た目は悪くないですが、上が走っていないだけに狙いづらいところです。


10 コーディリアの20
見た目だけからだとすごくお買い得な気がします。血統面がめだたないからかな。


11 イリュミナンスの20
牝馬でこの値段ということは自信があるんですかね。動きが気になります。


12 ヴァリディオルの20
5月生まれということを考えれば目立つ方だと思います。


13 イルーシヴキャットの20
馬格にもよりますが芝ダート両方で堅実にやれそうな気がします。


14 リュートフルシティの20
値段なりのドレフォンですかね。


15 ティックルゴールドの20
値段を考えたら悪くはなさそう。


16 レイズアンドコールの20
ノーザンFの馬ですし、全兄が重賞勝ちですから人気になりそうです。お買い得な値段ですしね。


17 ピュリティゴールドの20
悪くないですが結局は値段なりになりそう。


18 アルスフェルトの20
サイズが大きめなのであればうれしいですね。


19 スターズインヘヴンの20
目立つような馬ではないですね。


20 クラックシードの20
この値段が高いのかどうかも判断つかないですが、動き次第でしょう。


21 ロフティーエイムの20
値段なりかなあ。


22 ペニーウェディングの20
ディープ直系の種牡馬の産駒と考えるのであれば、おもしろいかも。


23 ソロダンサーの20
いい馬ですが、厩舎がパッとしませんね。


24 ボールドアテンプトの20
この血統でこの値段ならリーズナブルかも。


25 エッグドロップの20
芦毛というのもありますが、目立ちはしませんね。


26 アニマトゥールの20
貴重なリオンディーズ産駒。馬体が大きめならばよいと思います。


27 フィビュラの20
初仔でも馬格があるならいいですよね。あとは緩くなければ。


28 プレシャスジュエルの20
好きなタイプですけど、厩舎と合うかな。


29 ヴァゼムの20
未知の魅力はあるけど。


30 ビジュートウショウの20
幼いですね。


31 ローズシュクレの20
ノーザンの馬ですからこの厩舎でもそれなりに人気しそう。馬体の大きさがどうか。


32 マトリョーシカの20
見た目はいいけど、見た目ほどは走らない種牡馬なので。気性面も心配ではあります。


33 ダンスウィズキトゥンの20
マル外でも牡馬ならいいですよね。この厩舎が好きかどうかでも判断が分かれそう。


34 オリエントワークスの20
あんまりカナロアっぽくないかな。母父っぽい感じ。


35 ジュールポレールの20
これは目玉の1頭でしょうね。


36 ソルヴェイグの20
スピードがありそうな組み合わせで楽しみ。あとは馬体の大きさがあれば。


37 チェリーペトルズの20
血統的にもあまり目立たないですね。


38 ゴールディーエスポニーの20
この厩舎に入るってことは期待されているんでしょう。いい馬だと思います。


39 ヨナグッチの20
見た目は悪くないけど、母の繁殖成績が何より心配。


40 クーデンビーチの20
ディープでそれなりの結果が出ているのでキズナでも。ただははが高齢すぎるかも。


41 イングリッドの20
5月生まれと考えると、いいほうじゃないでしょうか。


42 パーソナルダイアリーの20
動き次第かなあ。


43 レクレドールの20
安定した母でしたが、さすがに高齢になりました。


44 キャットコインの20
動き次第です。


45 ベルロワイヤルの20
極めて前向きというのは、この父の産駒の場合はプラスにとらえていいんじゃないかな。


46 ローズマンブリッジの20
見た目は悪くないです。


47 メルヴェイユドールの20
どういう動きをするのか。厩舎的には期待。


48 シャルムダムールの20
コンパクトなのかあ。


49 サザンフェアリーの20
悪くないけど母が年寄りで繁殖成績もイマイチなのが。


50 サンソヴールの20
ノーザンのドレフォン。人気厩舎ではないけど、人気は集まりそう。


51 トラウムの20
見た目は目立たないですね。


52 サーブルクーリールの20
芝ダート両方でやれるならお買い得かも。


53 リアリゾンルレーヴの20
厩舎もいいし、価格も控えめ。面白そう。


54 ドリームアドリームの20
ディープにビスケット。どうなるのか想像できない面白さがあります。悪くないです。


55 オリヒメの20
あんまり父の産駒っぽくないですが、どんな動きか気になります。


56 ワーキングプライドの20
なんか高いな。


57 ファームフェイスの20
悪くはないですけど。


58 アナアメリカーナの20
ノーザンFのジャスタウェイ牝馬。厩舎が新人なのが。


59 ユアメモリーの20
嫌いじゃないけど人気はしないでしょう。


60 クリッパールートの20
新種牡馬の産駒だけに締め切りまでの新馬戦の結果次第で人気の上げ下げがありそう。


61 ディリジェンテの20
ノーザンのビッグアーサー。希少価値はありますね。面白みはあります。


62 アルアマーナの20
この種牡馬にこだわりがあるなら。


63 ソワーの20
持ち込みの牡馬。ダート向き。この厩舎だけに人気は上位になりそう。


64 アレイヴィングビューティの20
ただただ高い。

 

 例のやつは、来週末ごろの予定です。

 

 

| | Comments (0)

June 04, 2021

2021年度 サンデーR 募集馬第一印象メモ

 カタログPDFを見ての自分用のメモです。

 

101 マエストラーレの20
芝向きに見えますね。当然期待の1頭でしょう。


102 メジャーエンブレムの20
1億という大台の価値があるかはなんとも。


103 ラルケットの20
この母とこの父は合っているんでしょう。気性面に難が出なければ。


104 アステリックスの20
自信の1頭でしょうね。


105 インナーアージの20
いい馬が多いので目立たないですが、値段との折り合いを考えれば悪くないかも。


106 キングスローズの20
規格外に雄大なのは危惧します。まあ、それだけで切り捨てたらダメなんでしょうけど。


107 スノーパインの20
いいけど、高いよなあ。まあノーザンのお馬さんに値段のことは言いっこなしですね。


108 コンドコマンドの20
もうすぐ大注目の兄がデビューするので、その結果次第で大きく人気が上下しそうです。


109 アドマイヤセプターの20
結局のところこの血統は気性ですから。結果として値段分はいくかもしれないですけど。


110 フロールデセレッソの20
厩舎で人気を落としそうですから、穴っぽい1頭かもしれません。


111 トップライセンスの20
初仔だけに大きさが気になります。


112 リュヌドールの20
安定した母の産駒ですから、大外れの可能性はなさそう。


113 ミスティークⅡの20
牡馬でこの値段ならば割安かもと思ってしまう自分が怖くなります。悪い馬ではないですよね。


114 キャッチータイトルの20
全姉のレベルにあるかどうか。動きに注目。


115 チェッキーノの20
良さそうですけどね。人気の盲点になるなら面白そう。


116 パストフォリアの20
1月生まれですから、動きが良いならばですね。


117 マジックタイムの20
短めのところ狙いなら良さそうです。


118 マルシアーノの20
動き次第ですが、大きすぎても困るんで。ノドとか。


119 ワンブレスアウェイの20
この父の産駒は動き次第ですね。


120 ジョンブドールの20
目立つようなタイプではないですね。


121 タッチングスピーチの20
期待できそうな雰囲気はあります。動き次第ですが。


122 メジャーラプソディの20 リーズナブルですね。大きさが気になります。


123 アスコルティの20
小さくはなさそうなので、そこは安心です。


124 エクセレンスⅡの20
良さそうですけどね。安く感じてしますのでは、それだけノーザンF価格に慣れてしまっているんでしょうね。


125 デグラーティアの20
前評判は上がっているドレフォン産駒。クラシック向きではないでしょうが、面白そうではあります。


126 ボージェストの20
マイルまでになるでしょうが、おもしろそうな馬ではあります。


127 アゼリの20
母超高齢ですが、血統馬ですからね。


128 ルフォールの20
大きさがどうなんでしょう。5月生まれですから、多少小さくても仕方ないですが。


129 アメリの20
この父の産駒の適性が想像できないですが、芝向きでしょうね。


130 バランセラの20
父に似て良い馬だと思います。


131 ポルトフィーノの20
しっかりした血統背景。見た目も悪くないです。


132 ユーロシャーリーンの20
動きが良いならば。


133 ダートムーアの20
見た目が目立つタイプではないです。


134 レネットグルーヴの20
サトノクラウン産駒は全然傾向が想像できないです。でもその分面白みはあるかも。


135 ポルケテスエーニョの20
社台の種牡馬の産駒がノーザンで走っても全然不思議ないですからね。値段的にも面白いかも。


136 ロカの20
値段的にはあまり魅力を感じないです。


137 ロックディスタウンの20
気性がどうなるのか気になってしまいます。


138 トリプライトの20
見るからにダート馬で、ある意味安心。大きさがどうかでしょう。


139 カービングパスの20
シーザリオ系種牡馬には常に注目しています。弾数が少ないのでこの値段も仕方ないですね。


140 フラーテイシャスミスの20
母が高齢になってきてどうか。見た目は良さそうですが。


141 ウィキッドアイズの20
この父に期待は持ていないです。


142 フィナリザールの20
硬いのかあ。


143 レディイヴァンカの20
ポイントにある通り、スピードがあるかどうか。そこに尽きますね。


144 シャンパンルームの20
何が規格外なのかですが、大きさが規格外でないのであれば何でもいいです。


145 ホームカミングクイーンの20
ディープの孫だけど父は外国種牡馬でと、複雑な家庭環境ですね。馬は良さそうですけど。


146 ドナブリーニの20
悪いわけないですよね。動きが気になります。


147 ブエナビスタの20
ここらで一発を期待したいですが。


148 ミスエルテの20
この母の気性を父側がどれだけ制御できるのか。興味は尽きません。


149 インダクティの20
スケール間で及ばないって言われると嫌ですよね。


150 スウィートリーズンの20
1億の価値があるかどうかはわかりませんが、いい馬ですね。


151 フォエヴァーダーリングの20
ハーツ牝馬でこの値段ですか。すごい自信だ。確かにいい馬ですね。


152 シェアザストーリーの20
母も高齢だから。


153 ドナウブルーの20
期待の1頭なのでしょう。大きさが気になります。


154 ベルワトリングの20
いい馬だけど、厩舎が最近パッとしないですからね。


155 ラヴズオンリーミーの20
見た目はいいに決まっています。動きと、あとは気持ちの部分ですかね。


156 シユーマの20
この母からもこのあたりでホームランが出ないものかなあと思いますが。


157 ヤンキーローズの20
気持ちと動きが合致しなかったらやっぱりダメってことなのかな。当たり前か。


158 バラダセールの20
ハズレのない血統なのでそれなりには、やってくれるでしょう。


159 エクシードリミッツの20
大きさ次第ですが、今となってはこの値段でもリーズナブルですからね。


160 ザズーの20
大きさがあるのは安心ですね。安心感はあるタイプです。


161 マラムデールの20
こういうタイプの母と合いそうな気もします。


162 グルヴェイグの20
見た目は目立ちますよね。黒いし。こういう馬が走ったら楽しいだろうなあ。


163 クロノロジストの20
仕方のないことですけど、この値段を突きつけられると、なんだかなあと思ってしまいます。


164 ランプフィーバーの20
動き次第では面白そう。


165 ファシネートダイアの20
動画を見たら笑みがこぼれるのかな。楽しみ。


166 パープルセイルの20
リーズナブル、イコール、小さいってことかなあ。


167 ライラックスアンドレースの20
難しい気性なんでしょうが、そこはうまくやってくれるんでしょう。


168 ピースバーグの20
1月生まれだけに大きさがどうか気になります。


169 アイルビーバウンドの20
厩舎で人気でしょう。この父の種牡馬能力次第の部分も多いでしょうか。


170 コナブリュワーズの20
目立つようなタイプではないですけど。


171 ワンミリオンスの20
ダート巧者が牡馬ならいいけど、牝馬では。


172 アンブロワーズの20
安定していますが、この母もさすがに高齢になりましたかね。


173 メチャコルタの20
動き次第でしょうねえ。間違いなく人気にはなるでしょう。


174 プロクリスの20
品がありますよね。どういう走りをする馬が出てくるのか、ちょっとこの父の産駒の行く末が想像できないです。


175 レディオブヴェニスの20
芝向きで中距離の馬が多く出るのかな。この厩舎を考えると牡馬だったらよかったですね。


176 シャルマントの20
初仔ですから大きさが気になりますが、大きさは問題ないみたいですね。


177 マザーウェルの20
いいけど、この母系を考えると割高な気も。


178 リッスンの20
芝向きの牝馬。突き抜ける感じもしないですが、良さそうですよね。


179 ベルスリーブの20
厩舎もよいですし、人気しそうですね。


180 グローリアスデイズの20
ノーザンのビスケット。これが当たりだったら、本当に競馬がおもしろくなりますね。


181 レジェンドトレイルの20
あんまり垢抜けた感じはしないですね。


182 キャンプロックの20
この父に期待しているかどうかで評価は変わりそうです。


183 ソベラニアの20
半兄がハーツでそれなりの結果だったので、おもしろそうな馬ではあります。


184 オージャイトの20
結局はダートだと思いますが、その辺は厩舎がベストの方向性を選んでくれるでしょう。


185 レーヴデトワールの20
厩舎がなあ。


186 アドマイヤテンバの20
確かに高打率かもしれないですが、ちょっと引いちゃいますね。


187 ムーンフェイズの20
この父の産駒は見た目ほど走らないからなあ。


188 クリアンサスの20
見た目云々よりも母の繁殖能力がどうなのかなと。


189 外)コールバックの20
マル外牝馬、サドラーズウェルズ直系。超大穴と考えるか、現実的に考えるか。


190 リリーズキャンドルの20
今度は父がサンデー直系で持ち込みという、もうなんだか新時代だなと思いますね。

 

 例のやつは、来週末ごろの予定です。

 

 

| | Comments (0)

2021年度 社台RH 募集馬第一印象メモ

 カタログPDFを見ての自分用のメモです。

1 オメガインベガスの20
良さそうですけど。サイズを見てからですね。


2 ララベルの20
この厩舎でこの値段は高いと思っちゃいます。


3 ノンザの20
見た目は特に目立たないですが。


4 ソラリアの20
5月生まれ。動きが気になります。


5 ノッテビアンカの20
大きさは問題なさそうですし、見た目は良いですね。


6 シアードラマの20
美人ですねえ。


7 マキシマムドパリの20
この厩舎でこの種牡馬。なんか盛られてる感はあります。


8 レディシビルの20
5月生まれということを考えたらおもしろそう。動きが気になります。


9 ファンタジックアイの20
厩舎的にどうなんでしょうね。


10 ファタルベーレの20
キズナは値が上がってますし、そう考えると割高ではないのかも。


11 サプレザの20
良血だから仕方ないですが、高いですね。


12 サンシャインの20
これは社台でも超人気でしょうね。


13 レディフォグホーンの20
メンタルが気になりますね。この父だけに。


14 サザンスターズの20
安定感ある種牡馬の産駒で、よくいる馬という印象ではあります。


15 ハーエミネンシーの20
これくらいの値段から活躍馬が出るのがこの種牡馬の良いところ。大きさがあれば。


16 フローレスダンサーの20
モーリスは期待に必ずしも届いているとは思いませんが、今年が分水嶺かも。そう考えるとお得になるかもしれないですよね。


17 サプルマインドの20
社台のハービンジャー。それ以上でもそれ以下でもないです。


18 フーラブライドの20
社台のハービンジャー。動き次第ですね。


19 アーバンレジェンドの20
5月生まれと考えれば悪くないかも。


20 スキアの20
見た目は確かによさそうですが、なんか盛られてる感はあります。


21 ダンスファンタジアの20
社台のキムテツ。ロトの剣を持ってない勇者って感じですかね。馬は良さそうですけど。


22 エミーズスマイルの20
5月生まれの牡馬。血統的にも厩舎的にも露骨なダート狙い。新しもの好きにはいいかも。


23 ジュエルオブナイルの20
あんまり目立つような馬ではないですかね。


24 ロングホットサマーの20
コンパクトなフレームっていうのが気になっちゃいますよね。


25 マルバイユの20
偉大な母はまだまだ活躍馬を出すチャンスはありそう。でもさすがに歳を取りすぎたかな。


26 アラドヴァルの20
安いと嬉しくなりますね。活躍馬からは遠くなりましたが、ボトムラインはしっかりしています。大きさがあれば。


27 シースプレイの20
繋ぎが立ってて、丁寧に扱えないところだと壊されそうで怖いですね。


28 ミラグロッサの20
社台の宮田厩舎。でもクラブ馬を多く預かっているところなので、割と安心かなと。この血統だけに気性ですかね。


29 スクラッタの20
この種牡馬がどうかでしょう。


30 ラブリリックの20
見た目は悪くないですけど。


31 レイクキャリーの20
最安値です。大きさがどうかでしょう。


32 ダイワミランダの20
この父の産駒がどういう動きをするのか気になります。


33 ダイワレジェンドの20
ボトムラインは魅力も、この父に期待しろというのがちょっと無理筋。


34 アットザシーサイドの20
なんか硬そうな予感がしますが。


35 スウィートハースの20
この父の産駒が好きならいいんじゃないかなと思います。


36 リトルアマポーラの20
母の名誉を回復させる1頭であってほしいですが、なかなか血統通りにはいかないのが難しいところ。


37 シャンデリアスピンの20
牝馬でダート適正云々言われても。


38 プライマリーコードの20
この父だけに気性でしょうね。


39 外)ジョイニキータの20
マル外牝馬。それだけでハードルが高いです。


40 プペフラッシュの20
持ち込みでこの厩舎。しかも牡馬ですから人気になるでしょうね。


41 フォルトの20
厩舎だけで人気ですね。大きさ次第で印象も変わるでしょう。


42 イルミナントの20
良血のラストクロップ。初仔だけに大きさが気になりますね。


43 クールドボーテの20
珍しい母父で母父サンデー系。いろんな意味で面白そう。


44 カイザーバルの20
このボトムラインにこの父。やはり気になります。品がありそう。


45 マルセリーナの20
目玉の1頭。動きに期待。


46 ケンホープの20
大きさがどうかですね。


47 ダイワスカーレットの20
姉よりも大きいなら自然と期待度UPです。


48 サンタエヴィータの20
見た目は良さそうです。


49 シーティスの20
この父の産駒らしい馬であまり特徴はないですね。


50 フリアアステカの20
割と胴長ですね。


51 ソーマジックの20
走る血統ですから。牡馬だったらなお良かったですけど。


52 コッパの20
この父の産駒らしい馬ですね。


53 ダンスアミーガの20
値段なりなんじゃないですかね。


54 ラクレソニエールの20
これはもう超目玉ということでしょう。できれば本物を見たかった。でも今年は仕方ないです。


55 アスクデピュティの20
社台Fのエピファですからね。なんか盛られている感はありますが。


56 アルティメイトラブの20
いい馬ですけど、厩舎で人気は下がるのかなあ。


57 ジプシーハイウェイの20
堅実な母にこの父でさらに上を目指せそう。


58 トレラピッドの20
ディープっぽいですね。


59 ザガールインザットソングの20
芯が強い気性がどう出るのか。


60 キトゥンズダンプリングスの20
顔は父の産駒っぽいですが、後は動きがどうかでしょう。


61 ジョイフルビクトリーの20
人気厩舎の安定した種牡馬の産駒で、堅実な成績を出すでしょう。でも人気でしょうね。


62 トップデサイルの20
こういうのが意外と面白かったりするんですよね。


63 マドモアゼルドパリの20
あんまりモーリスっぽくないですね。


64 エマソングの20
社台のハービンジャー。見た目は悪くないです。


65 レッドマニッシュの20
まだ子供っぽいですね。


66 アッフィラートの20
これは厩舎人気もあって確実に上位人気になるでしょう。


67 マスクオフの20
5月生まれ。動き次第ですね。


68 ドバウィハイツの20
見た目は悪くないですね。牝馬でこの値段は少し割高な気がするけど。


69 セコンドピアットの20
5月生まれということを考えれば、よく見える方だと思います。


70 ザレマの20
関西ビスケット軍団の隊長。見た目で目立つタイプではないのでしょう。動きに期待。


71 カジノブギの20
ビスケット軍団2番手。5月生まれだし、これでいいんじゃないですかね。


72 ハシッテホシーノの20
ビスケット軍団3番手。うーん。


73 ヴゼットジョリーの20
ビスケット軍団の殿。普通かな。


74 ターフドンナの20
目立ちますよね。黒いから。


75 アルーリングライフの20
値段なりですかね。


76 リリーオブザヴァレーの20
芝オンリーでしょうけど、おもしろそう。


77 ハラペーニョペパーの20
社台のドレフォン。それだけで価値があるかも?


78 レッドシルヴィの20
子供っぽすぎてなんとも。


79 ファビュラスセンスの20
見た目は悪くないですよね。
この父の種牡馬能力次第でしょう。


80 ウィケットキーパーの20
値段通りでしょう。


81 パシャドーラの20
大きさが気になります。


82 バイナリーコードの20
見た目や血統からはあまり期待感は抱けないです。


83 マチカネハヤテの20
走る血統だけど、厩舎が新人なので人気はしないでしょう。


84 カウアイレーンの20
高いよね。ぜったい。


85 チューニーの20
全姉が走ってますからね。見た目も悪くないし、おもしろそうです。


86 ラカの20
マイナー種牡馬の産駒なので、過度な期待は。


87 エスキモーキセスの20
エスキモーって、いいんでしたっけ?馬名なら仕方ないのか。持ち込み牝馬ですから。難易度は高いですよね。


88 外)サーティーンスクエアドの20
未知なるものが好きなら。

 

 例のやつは、来週末ごろの予定です。

 

| | Comments (0)

June 03, 2021

インタビュー

 テニスの大坂なおみ選手が投じた一石、というか、要するにマスコミ批判ですよね。それが物議をかもしています。

 私は、別にスポーツ選手ではないので、本当の気持ちは慮れませんが、なんとなく理解はできます。

 勝った選手にインタビューする分には問題ないと思います。

 勝った選手がインビューを拒否というのは、プロスポーツとして、問題だと思えます。

 難しいのは負けた選手ってことですよね。

 競馬でも、2着に負けた騎手に公にインタビューはしませんもんね。

 まあ、コメントは取りますけど。

 ダービーでハナ差の2着になった騎手に、公然と「いまのお気持ちは?」とか、尋常な精神の人間では尋ねられないですよね。

 

 尋ねる内容にもよるのかなと思います。

 競馬予想TVで、冒頭に行う前週の結果の振り返りのところで、市丸さんが「何で指数通り買わなかったの?」って責められるパターンがありますよね(笑)。

 割と何回も見るパターンでしょ。

 私も指数派だからわかるんですけど、やっぱりこのツッコミはきつい(笑)。

 競馬予想TVの場合だと、だいたい最後に、市丸さんが「指数通りに買わないこともあるんだよ!」とかってキレて一件落着なわけですけど、テニスの4大大会ともなれば、そうもいかんですよね。

 政治家には言いにくいことは言わずに、スポーツ選手とか弱い立場の人間には棘のある言葉を吐きつける。

 そういうマスコミ側の態度を受け入れられない人もいるでしょう。

 

 話は大分昔に戻って、時は1997年の春の天皇賞。

 3強対決でしたが、最後の直線で典さん騎乗の王者サクラローレルがマーベラスサンデーを押さえ込んだところに外から「元祖天才」騎乗のマヤノトップガンが見事に差し切るという、名勝負でした。

 この頃は今では想像もつかないくらいの競馬ブームだったので、フジやNHKという競馬中継をする放送局以外も、スポーツニュースとかで競馬を重く扱っていたんですよね。

 で、当時どこかの放送局が、レース後、京都競馬場の門扉を出たところで典さんにインタビューしてたんですよ。

 おそらくですが、JRAのプレスの権限がない者がインタビューしたんでしょうね。

 ちょっと今では考えられないですけど、鮮明に記憶にあるので事実です。

 それで、2着に負けた典さんに対して「仕掛けが早かったのでは?」と質問していたんですね。

 いやいやいやいや、ちょっと待てよ~と思いましたが、案の定というか典さんは、

「早くはないですよ。早かったとは思っていません。」

と、ものすごい仏頂面で答えていました。

 今考えると、そもそも答えていたのに驚きですよね。

 今だったら、絶対無視でしょうね。

 レース見たらわかりますけど、確かに結果論としては、そうなるのかもしれませんが、1番人気で王者の競馬をしたわけだから、責められるような騎乗ミスではない。

「まつまさ」の「仕掛け早やが玉にキズ」とは意味が違うわけですよね(笑)。

 この日の天皇賞(春)は、たまたまというか、私はNHKの中継を見ていたのですが、NHKの実況もひどかった。

 4角手前でまだマヤノトップガンが後ろにいるのを見て「マヤノトップガンは苦しい」というようなことを言っていましたから。

 どうみても脚を溜めているように見えますけどね。

 まあ、そこはNHKだから大目に見るとして、明らかに競馬やってる方の立場からしたら納得の行かない伝え方、尋ね方っていうのがあったと思います。

 

 その後時代は移り変わって、競馬でも「会見拒否」があったりと、マスコミに対する問題提起がありました。

 でも、色々思うんですが、「その他大勢」がいてこそ色々成り立っている部分があります。

 50年のファンでもファンだし、今日初めて馬券を買った人も同じファン。

 1億円馬券を買った人も、100円しか買わない人も同じくファン。

 ファンは実績制ではありませんから(笑)、差別するわけにもいかないですよね。

 結局は、「ファンのレベルアップ」とか「マスコミのレベルアップ」とか、難しいことは考えずに、愚か者はどこにでもいるもんだと納得して、そういうのにはそれ相応の態度を取ればいいのかなと思います。

 

 

 

| | Comments (0)

June 01, 2021

ツアーは中止なのに

 6月になりました。

 新しい競馬の1年の始まりです。

 今年も社台G系の全クラブでツアー中止という、盛り上がりに欠ける今日この頃ですが、それでも競馬は続いていくので頑張るしかないです。

 

 昼飯を食いに行くのに外に出て、家の近所を歩いていたら、小学校の校庭で体育の授業中でした。

 リレーをやっていたんですが、一人の子が、心房細動発症か?ってくらい遅れていたんですね。

 なんでも競馬に見立てるのは競馬好きの悪い癖なんですが、とにかくもうやる気ゼロという状況でした。

 なんというか、小学校の授業としては異常な光景だなあと思っていました。

 高学年ならともかく、まだ3年生か4年生くらいだろうと思えましたから、手を抜くとか、そういう歳でもないよなあと。

 よくよく考えたら、その子はマスクをしていたんですね。

 そりゃあ走れないですよね。

 ボルトだってマスクしたら走れないのではないでしょうか。

 あれ?無酸素運動だから大丈夫なのかな?

 まあいいや。

 まあとにかく、先生も心配するわけでもなく、注意するわけでもないという感じで、そのままリレーは行われていました。

 

 今の時期は、何事もそうですが、「仕方ない」部分はあるよなと。

 マスクで体育して倒れたとか、色々話題になったりするご時世ですし、この後真夏を迎えて、マスクして体育したら確実にぶっ倒れる人は続出するでしょう。

 まあ、そう考えると、本気でやっている「ふり」をするのが、お互いにとって、みんなにとって一番良いのかもしれない。

 理想ばっかり振りかざしても仕方ないから。

 などということを昼飯を食いながら考えていました。

 

 ツアーは中止なのに、オリンピックはやれるんですか?

 と、私も言いたいです。

 そう言いたい人もいるでしょうが、決まったことは仕方ないので、色々耐え難きをを耐え、忍び難きを忍び、今年もカタログショッピングをしましょうということです。

 ショッピングしない、という選択肢はありませんので(笑)。

 

 

 

| | Comments (0)

« April 2021 | Main | July 2021 »