カテゴリー「競馬」の記事

August 15, 2019

スープがなくなり次第終了となります

 ラーメン屋で、軒先にこういう言葉が書いてある店ってありますよね。

 人気ラーメン店だと、実際に、店に入った瞬間に「すいません、今日スープ終わっちゃったんですよ~」って言われてそそくさと帰るしかないっていうパターンありますよね。

 一口の世界でも、ノーザン系クラブでは、実際にこういう状況になってきました。

 ノーザン系っていうと、なんか家系みたいですね(笑)。

 

 シルクは1次募集で50頭満口。

 さらには通常募集でも売れに売れて、現時点で出資可能なのは残り1頭のみ。

 高額ディープ産駒で、在りし日のキムテツ厩舎を思わせるほどの文句が出やすい厩舎所属の1頭のみ。

 この高額ディープのみが残るという現象も定番化してきました。

 

 この残り1頭も、そのうち売り切れます。

 そうすると、最初の「スープ終わっちゃったんですよ~」状態になってしまいます。

 いやあ、本当に、人気ラーメン店並みに恐ろしいことになってきました。

 

 以前、アンジャッシュの渡部が、何かの番組で、なかなか予約が取れない店的なものを紹介していました。

 そこで、予約が取れない店と、行列で何時間も待たされる店と、どっちがいいかという話になり、渡部が言いました。

「行列に並べば食べられる店はまだいいんですよ。並べば食べられるんですから。予約が取れない店は予約が取れない限り食べられないんだから最悪ですよ。」

 この言葉が忘れられないです。

 

 そうかあ、ラーメンは、並べば食べられるんだよなあ~。と改めて当たり前のことを深く考えました。

 一口の場合は、並んでも買えない場合がありますから。

 

 ラーメン屋の話に戻りますが、タイトルにもある「スープがなくなり次第終了となります」って、なかなか勇気のいる言葉だと思うんですよ。

 いや、本当に、毎日スープがなくなる店ならば、いいですよ。何の問題もない。

 一方で、そういう状況に開店以降半永久的にならないだろうと思われる店に、この言葉が書いてあると、なんというか、失笑というか、いたたまれない気持ちになることはあります。

 多分、そういうことを軒先に書いておけば、人気ラーメン店だと思われるだろうという甘い考えなんでしょうが、本当に考えが甘く、店はいつも閑古鳥が鳴いている。

 私もそこで1回食ってみましたけど、まあ、平均レベルに届かない程度かなあ~というレベルのラーメンでした。

 天地神明に誓って、スープが終了することはないだろうと思いました。

 でも、今も、その「標語」は軒先に書いてあります。

 

 クラブでも、大言壮語を掲げた新規クラブがいくつかありました。

 大言壮語もあれば、最初から詐欺的な方向に誘導しようとしていた感覚のクラブもありますが、とにかく、「スープがなくなり次第終了」的な、強気発言が「最初は」目立っていた。

 しかし結果がついてこないので、より一層ノーザン系クラブの優秀さが目立ってしまったというのもあるでしょう。

 売れもしないのに「スープがなくなり次第終了」と書いてあるラーメン屋のようなクラブと、ノーザン系のクラブを比較して、改めて、ノーザン系のクラブがどれだけ優秀なのかを思い知った人も多いのかもしれません。

 だからこそ、どんどん人が集まって、こちらは本当にスープ終了に近づいている。

 

 不味いラーメン屋は、1回食ってみて、ダメなら二度と行かなければいいんです。

 しかし、クラブの場合は、1回暖簾をくぐってしまったら、出資馬が引退するまで、ある意味、不味いラーメンを食い続ける羽目になるというのが本当に恐ろしいです。

 

 

| | Comments (0)

June 23, 2019

東サラ募集馬に

 社台・サンデーの1次募集も終わって、久々に落ち着いた週末だった感じです。

 社台・サンデーが終わっても、またすぐに東サラの募集が始まります。

 今年の東サラは38頭の募集で、何とディープ産駒が8頭。

 しかもそのうち牡馬が6頭。

 今までの東サラではディープ牡馬はイマイチ信用できませんでしたが、今日は東サラのディープ牡馬が新馬勝ちしましたし、これで流れが変わるかも。

 そして今回のラインナップで一番驚いたのは、やはりココロノアイの18でしょう。

 一口クラブ界は、ノーザンの勢力が圧倒的であり、他は存在自体が霞んでします。

 そんな中、東サラはこういう予想外の馬をラインナップできるのは、本当にすごいなと思います。

 これから募集価格や厩舎がわかってきますが、またそこで一喜一憂して楽しみたいですね。

| | Comments (0)

June 22, 2019

過ぎたるは・・・

 社台・サンデーの1次募集も終わって、久しぶりに落ち着いた週末ですね。

 そんななか、DMMドリームクラブが今年の募集馬から、募集方式を変更するというニュースがありました。

 1万口募集ではなくなって、2,000口募集に。

 募集時に維持費も込み込みで募集する方式があったのですが、それもやめて、他の一般的なクラブと同様に馬代金を最初に払い、維持費は月払いする方式に。

 これでついに、「募集口数が2,000口の普通のクラブ」になったと言えるでしょう。

 細かいサービスの違いはあるものの、一般のクラブ馬主と考えてよいことなったのかなと思います。

 

 1万口とか込み込みでの募集とか、話題性はありましたが、事業性はなかった。過ぎたるは及ばざるがごとしというか、色々と無理がありました。

 今回の変更で、ようやっと事業的に成り立つクラブになったのかなと思います。

 現行のDMMドリームクラブの方式に賛同していた方にとっては不満があるのかもしれませんが、このままでは継続不可能と会社側が判断したのでしょうから、仕方ないことだと思います。

 逆に、これで本当の意味で、「スモールスタートで始められるクラブ」になったと思います。

 少なくとも、あからさまに「詐欺的」な雰囲気を醸し出すクラブとは一線を画したと思います。

 

 私も、今年の募集馬以降は、DMMドリームクラブの募集馬も、他のクラブの募集馬と同様に、「一口」というカテゴリの馬だと認識します。

 入会するかと言われたら、う~ん、まあゼロではなくなったけれども、特に今不満があるわけでもないですし、よっぽど出資したい馬が募集されることになったら考えるという程度ですかね。。

 でも、本当に、私は良い変更だと思います。

 

 

| | Comments (0)

June 14, 2019

おめでとう レイエンダ

 エプソムカップでレイエンダが優勝しました。

 レースから何日も経ってしまいましたが、やはり重賞勝ちはうれしいものです。

 ここ数戦は、謎の騎乗や、硬い馬場を気にしたなど、なんとももどかしいというか、理解しがたい敗戦が続いていただけに、ここでの変わり身には驚きましたし、うれしさもひとしおです。

 硬すぎない馬場も良かったのでしょうし、チークが効いたというのもあるでしょうし、展開が向いたというのもあるでしょう。

 月並みな言葉になりますが、「すべてが噛み合った」としか言いようがないです。

 逆に何もかも噛み合わなければ、前走や前々走のように大敗もありうるということなんですよね。

 それだけ、競走馬というのは繊細だし、レースというのは、あくまで「競走」であって、1頭で走るタイムアタックではないのだと、あらためて気づかされます。

 レースを見に行くことはできませんでしたが、あの走りができるのであれば、今後また大きなレースでその雄姿を見ることができそうな気がします。

 次は秋のレースになるだろうということですから、さらに飛躍できる秋になればいいなと思います。

 それよりも何よりも、まずは無事にですね。

 関係者の皆様優勝おめでとうございます。そして、ありがとうございます。

 

 

| | Comments (0)

April 15, 2019

振り上げた拳

 日本のブログのごく一部を激震させたノジマショック、ノジマテロも落ち着き、元には戻らないものの、ようやっとココログも「普通に」使えるようになってきました。

 今回本当に驚いたのは、何の検証もせずに、間違いなく確信犯で、納期に間に合わせるためだけに「リニューアル」を行う上場企業が日本にあるということです。

 なんか真面目に仕事するのがバカらしくなる半面、こういうことが許されるならば、私も仕事でチョンボしても多分許されるな(笑)と、ある意味免罪符を手に入れたような気持ちにもなります。

 

 それはさておき、競馬の話。

 最近は、馬券の予想も、特に大レースでは、社台Gの意向、とりわけノーザンの意向を読めない予想家はズレた予想をするようになったと思います。

 色々と義理立てしないことやらなんやら、特にTMだとそういうことがあるらしいですが、それにしてもズレているというか、人気馬を外すことを前提に無理に組み立てた予想とその根拠が滑稽に思えることもあります。

 この馬は来ない!と大きく拳を振り上げてしまい、それを下ろすタイミングを失った大人は、なかなかの「ズレた大砲」です。

 

 競馬ではないですが、私の好きな「ゴリパラ見聞録」では、些細なことをきっかけに、矢野ペペが「もう一生パンは食わない」と宣誓させられる事件がありました。

 その後、事あるごとに、「肉まん」もパンに含まれるのではないかとか、「ピザ」はパン生地から作るからダメとか、共演者の斎藤やゴリけんから詰め寄られ、とんでもなく面倒なことになりました。

 「もう一生」だとか「もう二度と」とか、そういうできもしない約束はしないに限ります。

 

 馬券で、この馬は今後もう二度と買わないとか、そう決め打ちしてしまうと、その後大変な目に遭うこともあります。

 その昔、ビワハヤヒデが嫌いで、馬券を買いませんでした。

 何せ全然配当がつきませんので、穴狙いのこちらとしては、魅力ゼロの馬でした。

 とにかく毎回何かしらの理由をつけて馬券から外していました。

 ビワハヤヒデは、デビューから15戦連続で連帯し続けます。

 ワイドも、3連複も、3連単もない時代。

 複勝なんていう低い配当の馬券は絶対に買いませんでしたから、とにかくビワハヤヒデが出るレース全部外れました。

 

 そして迎えた16戦目。

 1994年、天皇賞(秋)。

 ついに降参しました。

 もう無理だ。

 ビワハヤヒデを嫌い続ける限り、大レースで馬券も外れ続けるという事実に根負けしました。

 

 そして、ビワハヤヒデを軸に馬連で馬券を勝ったら、5着。

 今も白川次郎アナウンサーの「ビワハヤヒデは、ちょっと伸びがないぞ!」という言葉が耳の奥に残っています。

 

 私も、振り上げた拳を、もう少し早めに下ろしていたら、もっと幸せな馬券ライフになったかなあと思ってしまいます。

 

 ちなみに、1994年の天皇賞(秋)は指数通りにネーハイシーザーから買っていれば大当たりでした。

 それもあって、忘れ得ぬ記憶です。

 

 

| | Comments (0)

おめでとう サートゥルナーリア その2

 キャロットのサートゥルナーリアが皐月賞を勝ちました。

190414saturu

 パドックを見ました。

 仕上がっていないわけではないですが、明らかにG1としては甘い仕上げだなと思いました。

 それでも、ルメール騎手はニヤニヤしていました。

 普通に負けるんじゃないかなと思いましたが、そんなことは全然なく、「おまえのようなアホウに心配される筋合いはない、黙って見ていろ。」と馬と騎手に言われたような気分です。

 ここまで無事にこられたのは、もちろん馬自身の運命というか運もありますが、何よりも関係者の皆様のおかげです。

 ただただ感謝しかありません。ありがとうございました。

 

 この後もまだまだレースは続いていきます。

 月並みですが、とにかく無事で行って欲しい。

 ただそれだけです。

 

 

| | Comments (0)

March 24, 2019

もうniftyではない。ノジマなのだ。

 そうなんです。
 もうniftyではないのです。
 ノジマなのです。
 ココログはノジマになってしまったのです。

 

 先日、ココログの「リニューアル」という名の、ノジマによるテロ(笑)が行われまして、ココログのブログ全断という悲劇が起きました。
 今日は朝から、このブログも見られない状態だったらしく、見られませんよという連絡が閲覧しようとした方々からご連絡がありました。

 

 結論から言うと、ノジマがブログを破壊したせいで、なぜだかわかりませんが、新規に記事をUPしないと、過去記事が閲覧できない状態になっていたようです。
 ということで、この記事をあわててUPしたわけです。
 ノジマになってから、元のniftyの技術者は大量に辞めたんでしょう。
 私も、自分のいる会社がノジマになったら辞めますもん(笑)。
 あそこの社長はかなり狂ってるんで有名ですしね。。
 でも、それはそれ、ノジマはノジマと割り切っていましたが、こんなところで自分が被害に遭うとは(笑)。
 ということで、悪口を書きました。
 でも、本当にことだから仕方ありません。
 とりあえず、生きていますし、特に今日も馬券は当たっていませんので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

| | Comments (0)

March 16, 2019

スピード指数的今日のねらい目2019/3/16(土)

 あっという間の一週間。

 今日はトライアルではないですが、事実上の桜花賞の最終切符となるフラワーカップが行われます。

 新たなヒロイン登場するのかどうかも楽しみです。


 今日は中山7Rです。

 16番ニシノコトダマが前走指数67で、前々走も64と高いレベルで安定。軸はこれで。
 2番手は15番で、この15番との2頭軸でもいいかなと思ったのですが、やはり減量だけに心もとない。ということで16番軸で相手もある程度絞っていけそうです。


中山7R

単勝 16
馬連 16 - 5,9,10,15
馬単 16 → 5,9,10,15
ワイド 16 - 5,9,10,15
3連複1頭軸 16 - 5,9,10,15
3連単フォーメーション
16 → 5,9,10,15 → 5,9,10,15


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

March 09, 2019

スピード指数的今日のねらい目2019/3/9(土)

 最近雨が多かったですが、今日は中山も晴れています。
 久しぶりの競馬日和で、いよいよ春競馬本格化を肌で感じます。


 今日は中山6Rです。

 9番ルマーカーブルを狙います。
 前走は結果的に飛ばしすぎたし、執拗についてこられたというのもあります。前々走の指数は75で、その時の勝ち馬は千二で4連勝中の馬ですから、あれだけついてこられてよく粘れたなと思います。能力はあるはず。ただ、今回も展開次第のところはありますので、着外に沈む可能性も普通にありますが、こういうタイプは毎回安定して走ることはないので、人気が落ちてきたら狙うしかないです。

単勝 9
馬連 9 - 1,3,6,10,13,14
馬単 9 → 1,3,6,10,13,14
3連複1頭軸 9 - 1,3,6,10,13,14
3連単フォーメーション
9 → 1,3,6,10,13,14 → 1,3,6,10,13,14


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

March 02, 2019

スピード指数的今日のねらい目2019/3/2(土)

 今日は晴れていますが、明日の中山は雨だとか。
 明日は今日よりも難しいレースになりそうです。


 今日は中山7Rを狙います。

 ここは前走重賞に出走したフォッサマグナが出てきますが、中山マイルではそこまでの信頼性はないとも思えます。他にも例のきんもくせい特別組とかチャンスのある馬は多いので、BOXで中荒れ以上を狙います。

中山7R

馬連BOX 2,4,7,8,12,14,15
ワイドBOX 2,4,7,8,12,14,15
3連複BOX 2,4,7,8,12,14,15


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧