Posts categorized "競馬"

July 16, 2018

選別が進んでいくのでしょうか

 キャロットの募集馬のリストも出て、これで社台・サンデーはもちろん、シルクもキャロットも募集される馬がほぼ確定し、社台系のクラブはほぼ 募集馬のリストは出揃いました。

 キャロットは当然のことではありますが、母優先が多いなあという印象。

 そういうクラブですから、出資する側もそれに合わせた戦略が必要ということなんでしょう。


 東サラの先行募集も終わり、あとは結果を待つばかり。

 即満口は8頭で、残口僅かや満口近しも思ったよりも多かった印象でした。

 牝馬買戻しなし、一括割引なしでも、そんなの関係ねえ!と言わんばかりの好調。

 東サラも、クラブの中では上位の位置を確保した感じでしょうか。


 一口ブーム。

 確かにそうかもしれませんが、出資する側もクラブの選別を進めていると思います。

 別に出資者を特別扱いする必要はないと思いますが、それでも、何かしらクラブ会員を楽しませる努力というのは必要でしょう。

 もちろん、出資者決定方法に代表されるように、すべての人が納得できて楽しくなるわけではないのでしょうが、何もしないっていうのはちょっとどうなのかなあと思います。


 私が一番最初にこの世界に踏み入れるきっかけとなったクラブは、今は全然募集馬が売れていないようです。

 もう会員ではないのでどうなろうと知ったことではないですが、経営者の差なのかなとは思います。

 規約を出資者側に不利に変更しても売れるクラブと売れないクラブの差はなんなのか。

 一つ言えるのは、何も情報を出さないというのは、やっぱり間違いなんじゃないかなあと思いますね。

 くだらない情報であっても、それで一喜一憂したいのが出資者ですからね。

 
 あんまりこういう言い方は好きではないですが、勝ち組と負け組と、クラブの中でも今後より一層ハッキリと差が出てくるのだろうと思いました。


| | Comments (2)

July 13, 2018

ウイニングポスト的になってしまう週末

 それなりに出資している頭数も多くなると、毎週出走してくれて楽しいのですが、自分自身が忙しいと競馬に集中できない場合もあります。

 土日に、どの馬が出走するというのはわかっていても、時間に追われて、気がついたらレースが終わっていたということも多くなりました。

 イカンなあと思いながらも、競馬だけやっているわけにもいかないので、仕方ない部分もあります。

 それでも、JRAのwebにレース後10分くらいすれば動画がUPされますから、時間があればレース後すぐに確認できます。

 それすらできない場合は、もう結果だけ確認しておしまい。


 これって、ウイニングポストで「翌週」というようなボタンを押して、レース結果だけ見るのとほとんど変わらないなあと思ってしまいました。

 それでも、平地のレースはなんとか見ようとします。

 障害だと、申し訳ないですが、結果だけ見て終わりってこともあります。

 勝ってたら、レース映像を見直すんですが、負けてたら、まあいいか。。ってなってしまったり。
 障害はレースが長いんで。

 そんな、3分とかカップラーメンを待つくらいの時間もないのかよって話ですが、日々色々やってると、だんだんと後回しになっていって、気がついたら翌日ってこともありますよね。

 それでも、馬券のように検討時間が取られない分、忙しくても楽しめるのが一口の良いところかもしれません。

 また時間ができたら、秋には中山や東京に応援に行きたいと思います。

| | Comments (0)

June 29, 2018

孟達の票読み

 今日の午前中には、メンバーサイト内のメッセージ機能で、社台・サンデー・G1の結果がわかります。

 今年は、というか、今年も、というか、サンデーRは人気でした。

 特に最終中間発表後の矢のような差しが決まって票数を大幅に伸ばした募集馬もいて、年々票読みが難しくなっていますね。

 この票読みが、後になって甘かったなと思うことはあります。

 説明が面倒なので、三国志を読んだことある人前提で話をしますが、ちょっと孟達っぽかったなと反省することがあります。

 孟達は劉璋を裏切り、その後、まあやむを得ない部分もあったとは言え劉備も裏切り、さらには最後は曹叡も裏切るという、ある意味呂布以上の裏切りの人生で、いつも、日本の政治家にもこんなのいるよなあ~とか思ってしまいます。

 その孟達に諸葛亮は、もう一度蜀に来ないかと、誘うのです。
 小説の演義では孟達から蜀に戻りたいと言ってきたことになっていますが、これは諸葛亮を良く見せたいための演出で、事実は、諸葛亮のほうから孟達に手紙を出しています。これは正史の費詩伝に明記されています。

 それはよいのですが、その孟達が、最後仲達に攻められる前に、諸葛亮にこんな手紙を出すんですよね。

「仲達がいる宛は洛陽から八百里の距離にあり、私のいる新城から千二百里の距離にある。仲達が攻め寄せるには、まず洛陽に参って帝の意を確かめねばならず、手続きも含めれば一ヶ月近くかかるでしょう。その間に我が方は十分に防備を固められるから心配ない。」

 横山光輝著のマンガだと、「諸葛亮は疑り深すぎる」とか諸葛亮批判までする始末。

 ところが、結果は、仲達は洛陽を経由することなく、直接新城に大軍を率いてやってきて、孟達は2週間ともたずにあっさり仲達に討ち取られてしまうという悲劇に。

 あの自信満々の孟達の読みはなんだったのかというのとともに、まあ裏切者の最期としてはある意味読者の納得できるものでもありました。

 票読みしていると、実は自分も孟達だったということがありますよね。

 私も今年も孟達だったかもしれません。

 孟達だったかどうかはもうすぐわかります。

 仲達の大軍が向かってきてしまった場合は、座して結果を受け入れるしかありませんね。


| | Comments (0)

May 27, 2018

スピード指数的今日のねらい目2018/5/27(日)

 今日はいよいよダービーです。

 ダービーについては触れませんが、スピード指数に興味のある方は、1年に1度のダービーくらい、指数を買ってみても面白いかもしれませんね。
 私が使っているのは西田式スピード指数というものですが、1レース52円だかで買えると思います。

 今日で3歳限定性が基本的になくなるので、この指数の予想も一旦休養です。
 また2歳のレースが増えてくる9月くらいに復活予定です。


 東京6Rです。
 13番ムーンチャイムが前走指数68で直前の指数は1番手。鞍上も引き続きデムーロ騎手ですし、他が人気するならば、この馬から行った方がおもしろいかも。東京コースが向くのかどうかは何とも言えませんが、まだ上積みがありそうです。

東京6R

単勝 13
馬連 13 - 12,14,16,18
3連複1頭軸 13 - 12,14,16,18
3連単フォーメーション
13 → 12,14,16,18 → 12,14,16,18


 幸運を祈ります。


| | Comments (0)

抽優馬

 シルクの会報が来ました。

 出資者決定方法に一部変更があるそうです。

 端的にまとめると次のとおりです。


・実績枠は300口、抽選枠は200口。この口数の区切りは変更なし。

・実績枠300口については、変更なし。上限10口も変更なし。

・抽選枠の200口については、「抽選時優先制度(抽優馬)」が設けられる。抽選枠で割り当てられる口数は上限5口でこれは変更なし。

・実質的に、抽選枠の200口にいわゆる「最優先枠」が設けられるということ。

・抽優馬(最優先枠)に指定した馬に何口まで申し込めるのかは明確な記載はないが、全体を読む限り抽選枠の上限である5口であろうと推測される。

・当然のことながら、抽優馬(最優先枠)に指定したとしても、その馬が抽優馬(最優先枠)で200口以上の申し込みがあれば落選の可能性がある。

・抽優馬を使用した馬が実績枠で取れてしまった場合であっても、その抽優馬を別の馬に代替して使用するというようなことはできない。

・つまり、運悪く?自分が抽優馬(最優先枠)に指定した馬が意外と実績上限が伸びず、あっさり取れてしまい、別の高実績が必要だった馬に抽優馬(最優先枠)を指定すればよかった~~!ってことが発生する可能性があるということです。


 人それぞれ、色々な感想があるでしょうが、毎回言っていますが、全部の人が納得するシステムはありません。
 決まったシステムに、合わせていくしかないでしょう。

 個人的には、抽選枠の200口はキャロットに近づいているのかなとは思いました。

 やってみないとわかりませんし、たとえどんなシステムになっても必ず文句は出るでしょうが、少なくとも、シルクの場合も今後は「票読み」が重要になるのかもしれないですね。

| | Comments (0)

May 26, 2018

スピード指数的今日のねらい目2018/5/26(土)

 京都6Rです。
 13番ノーウェイと16番ウェルカムゴールドの2頭が指数的には抜けています。前者は前走72で後者は70でした。この2頭を軸に、3連単を仕留めたいところです。

京都6R

馬連 13 - 16
3連単フォーメーション
13,16 → 13,16 → 2,4,11,14,15
13,16 → 2,4,11,14,15 → 13,16


 京都11R葵Sです。

 15番ミッキーワイルドを狙います。千二の実績がないからなのか、思ったより人気はないですが、直前の指数は1番手。前走指数73でここでも指数的には通用するはず。
 その他も指数が高い馬は多く、混戦ではあるのですが、ミッキーワイルドを狙うならここしかないだろうということで、中荒れ以上を期待します。

京都11R

単勝 15
馬連 15 - 2,10,12,13,14
馬単 15 → 2,10,12,13,14
3連複1頭軸 15 → 2,10,12,13,14
3連単フォーメーション
15 → 2,10,12,13,14 → 2,10,12,13,14


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

May 20, 2018

スピード指数的今日のねらい目2018/5/20(日)

 今日はG1の日。天気が良くて競馬日和で何よりです。


 東京5Rです。
 ここは2番モリトユウブ、12番エピックアンが前走指数70で他とは差があります。鞍上も信用できますし、この2頭で決まるとみて1点で勝負です。

東京5R

馬連 2 - 12
ワイド 2 - 12


 東京6Rです。
 9番バトルマイスターが前走初芝でいきなり2着。指数も77と高く、ここは狙ってみたいです。相手も1番、13番が前走で70以上の指数を出しており、それらに次ぐ7番と11番まで押さえます。

東京6R

馬単 9 → 1,7,11,13
3連単フォーメーション
9 → 1,7,11,13 → 1,7,11,13


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

May 19, 2018

スピード指数的今日のねらい目2018/5/19(土)

 なんだか昼間は妙に暑かったり、と思ったら風が吹いたり、東京は変な天気です。


 京都4Rです。
 4番ロードマドリードと5番ブルベアトリュフが指数も安定していて、両馬とも60代後半の指数を出しています。この2頭は他とは差があります。素直に前走指数で考えるのであればロードマドリードですが、勝ち味に遅い面もあるので、馬券的にはブルベアトリュフ頭の馬券も買いたいです。

京都4R

馬連 4 - 5
3連複2頭軸 4,5 - 7,11,14,18
馬単 5 → 4,7,11,14,18
3連単フォーメーション
4,5 → 4,5 → 7,11,14,18


 京都6Rです。
 指数で1番手は9番メリッサーニで前走指数65ですが、他に4番、14番、15番も前々走で60台後半の指数を出しています。
 この4頭が抜けていて、この4頭で勝負になるはず。BOXで。

京都6R

馬連BOX 4,9,14,15
ワイドBOX 4,9,14,15
3連複BOX 4,9,14,15
3連単BOX 4,9,14,15


 幸運を祈ります。


| | Comments (0)

May 18, 2018

Return of 清一色

 2年位前に、清一色っていう記事を書きました。

 ノーザン一色で出資馬を埋めてみたらどうなるか、というような内容でした。

 2年経つと、なんというか、別にそれって普通じゃん?っていう世の中になってました。

 なんか別に清一色でもなんでもない。ほとんど平和(ピンフ)並みに、誰でも可能な内容です。


 本当の清一色は何かと考えたところ、「厩舎で統一」とか「種牡馬で統一」とかのほうが面白そうですね。

 「実績」と「×2」があれば不可能ではないかもしれないです。

 今年はディープ産駒のみとか。 

 ○○厩舎のみとか。

 ディープのみでの清一色は意外と簡単にできそうですね。

 募集価格が上がったので、人気になるのは限られているでしょうし。意外と揃えやすいかも。

 清一色はちょっと偏りすぎると思うのであれば、ディープとロードカナロアの混一色っていうのがいいかも。

 でも、ディープよりも意外とロードカナロアのほうが揃わないかも。

 ディープ産駒は揃って、リーチまでは行くけど、最後抽選でロードカナロア産駒が外れて、流局~。なんて。


 厩舎で清一色のほうが難しそうですね。

 特に、堀厩舎とか池江厩舎とかの人気どころだと、極めて難しいでしょう。


 ゲームとかでも、飽きると、自分で自分にルールを加えて楽しむ場合がありますよね。

 信長の野望だったら、鉄砲を一切使わないでやってみようとか。

 三国志だったら、諸葛亮と呂布は禁止(使わない)とか。

 大昔、多人数のマルチプレイができたころは、友人同士でやるとモメるんですよねえ。

 諸葛亮がいると、どんどん武将引き抜かれたり、呂布のせいで一騎打ちでどんどん武将討ち取られたり(笑)。


 まあ、そんなのと一緒で、ただ漫然と出資するのに飽きたのであれば、一色手というのも面白いかも。

 過去には、チチカステナンゴ総流しという禁じ手もあってくらいですし。。
 まあ、本当にやった人がいるとも思えませんが。


| | Comments (0)

May 13, 2018

スピード指数的今日のねらい目2018/5/13(日)

 今日はこの1レースで勝負です。


 東京10R青竜Sです。
 6番スマハマが素直に強いと思います。東京のマイルで結果を出していて、前々走の指数が80でこのメンバーでは最高値。2番手も順当に4番オメガパフュームが前走指数74となります。他は距離が不安か指数的に差があるかなので、堅く収まると思います。

東京10R

馬単 6 → 3,4,5,9,12
3連単フォーメーション
6 → 3,4,5,9,12 → 3,4,5,9,12


 幸運を祈ります。


| | Comments (0)

より以前の記事一覧